崩落水管橋の迂回工事を開始 和歌山市

和歌山市が始めた仮設水道管敷設の応急復旧工事=6日午前、和歌山市(藤崎真生撮影)
和歌山市が始めた仮設水道管敷設の応急復旧工事=6日午前、和歌山市(藤崎真生撮影)

和歌山市の紀の川に架かる「六十谷(むそた)水管橋」が崩落し、市北部で大規模な断水が発生している問題で、市は6日午前、近くの別の橋で、迂回(うかい)の仮設水道管を敷設する応急復旧工事を始めた。8日深夜に通水し、9日朝に断水を解消させるとしている。

市によると、仮設水道管は崩落した橋から約40メートル東側にある別の橋の県道上を渡って川の北側まで延ばし断水エリアに給水する。直径70センチ、長さ6メートルの水道管を約100本使用する。

この日は午前10時からの工事開始に伴い、県道の橋は全面通行止めに。作業員らは現場に搬入した水道管を道路に並べていった。

崩落した橋は、川より北側の市域に水を供給する唯一のルートで、3日以降、約6万世帯13万8千人に断水が続いている。

工事現場を訪れた尾花正啓市長は「市民に多大な迷惑をかけ、申し訳ありません。徹夜の工事で早期の普及を目指す」と話した。