観光需要喚起策「愛郷ぐんま」は15日から試行 群馬県 - 産経ニュース

メインコンテンツ

観光需要喚起策「愛郷ぐんま」は15日から試行 群馬県

群馬県は6日、新型コロナウイルスワクチンの接種証明となる県版ワクチンパス(仮称)を活用した観光需要喚起策「愛郷ぐんまプロジェクト第3弾」を15日~31日に試行実施、11月1日~12月31日に本格実施すると発表した。県独自の警戒度は8日から「3」に引き下げられる。事業を通じてコロナ禍で傷んだ経済の立て直しにつなげる。

パスはスマートフォンアプリの無料通信アプリ「LINE(ライン)」の機能を用い、13日から接種券番号や生年月日などを登録できるようになる。

試行実施では、利用対象は2回接種者かPCR検査陰性者らで、県内宿泊施設の割引額は1人5千円。チェックイン時にパスなどを提示する。本格実施でも試行同様の宿泊割引を行うほか、市町村クーポンの発行なども計画されている。

また、飲食業を支援する「Go To イート」は25%の上乗せ率(プレミアム)を5%引き上げた食事券を16万冊発行する。県内ショッピングセンターなどで購入でき、パスや陰性証明などの提示が必要。販売期間は15日~11月15日で、12月15日まで利用可能となる。