「全くの驚き」「妻に感謝」自宅で取材に応じた真鍋淑郎氏 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「全くの驚き」「妻に感謝」自宅で取材に応じた真鍋淑郎氏

米東部ニュージャージー州プリンストンの自宅で記者団の取材に応じる真鍋淑郎さん(平田雄介撮影)
米東部ニュージャージー州プリンストンの自宅で記者団の取材に応じる真鍋淑郎さん(平田雄介撮影)

ノーベル物理学賞の受賞が決まった米プリンストン大上席研究員の真鍋淑郎(しゅくろう)氏は5日、東部ニュージャージー州プリンストンの自宅で記者団の取材に応じ、「気候変動という研究テーマで受賞したのは(異例で)全くの驚きだ」と語った。

選ばれた理由について、「分からないが、(数値)モデルを使って気候研究を始めたのが私なので、それに対して賞が出たのだと思う」と推測。60年以上続けてきた研究について、「楽しくて仕方がなかった。困難はあったかもしれないが、非常に面白い人生だと思う」と振り返った。

大雨や干魃(かんばつ)など自然災害が世界的に相次ぐ中、「研究を始めたときはこうなるとは予想していなかったが、現に気候の変化が起きているのはご承知のとおり。未来について一口で言えば、干魃や大雨の頻度、海氷の減少といった傾向がどんどん強くなる」と懸念を示した。

若い研究者に向けて「研究費をとるために実用的な問題を選ぶが、やはり本当の研究の醍醐味(だいごみ)は好奇心。なぜこういうことが起きるのかという(疑問)に立って研究していくのが一番良いのではないか」とエールを送った。

受賞決定を受け、妻と2人の娘は「非常に喜んでくれた」という。「家のことや子供の教育で、妻の支えがなければ、素晴らしい賞はいただけなかった。感謝しかない」と語り、妻と2人で獲得した賞かと記者に問われると「そう思っています」と話した。(プリンストン 平田雄介)

>インタビュー一問一答「研究の醍醐味は好奇心」