千葉・八街児童5人死傷事故、6日初公判 飲酒認め量刑争点 - 産経ニュース

メインコンテンツ

千葉・八街児童5人死傷事故、6日初公判 飲酒認め量刑争点

梅沢洋被告
梅沢洋被告

千葉県八街市で6月、下校中の市立朝陽小学校の児童の列に飲酒運転のトラックが突っ込み、5人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)で起訴された同市の運転手、梅沢洋被告(60)の初公判が6日午前10時から千葉地裁で開かれる。事故を受け、全国で通学路の安全確保や飲酒運転の根絶に向けた取り組みが進められる中で行われる公判。被告は捜査段階の調べに対し、事故の前に飲酒したことを認めており、量刑が争点となりそうだ。

起訴状によると、梅沢被告は6月28日、千葉市花見川区の京葉道路幕張パーキングエリアに止めた車内で飲酒。午後2時55分ごろに運転を再開した。約30分後、八街市内の市道を時速約56キロで走行中にアルコールの影響で居眠り状態に陥り、左側の電柱に衝突した後、児童の列に突っ込み、当時8歳と7歳だった男児2人を死亡させ、女児(8)=当時=に全治不明の重症頭部外傷など、男児(7)=同=に全治3カ月以上の右足骨折など、男児(6)=同=に全治3カ月以上の脳損傷などの重傷を負わせたとしている。

自動車運転処罰法では、危険運転致死傷罪を2条と3条で規定している。アルコールまたは薬物の影響により「正常な運転が困難な状態」と認識して運転した場合などに適用される2条の法定刑の上限は懲役20年。アルコールまたは薬物の影響で「正常な運転に支障が生じるおそれがある状態」と認識して運転した場合などに適用される3条の法定刑の上限は懲役15年となる。

検察は、「正常な運転が困難な状態という認識は認められない」などの理由から3条を適用。事故後に梅沢被告の呼気から検知されたアルコール濃度は酒気帯び運転の基準値をわずかに上回る程度だった。

3条が適用されたことにより、裁判員裁判の対象とはならず、裁判官3人の合議により審理される。