岸田首相、「AUKUS」を歓迎 日豪首脳電話会談 - 産経ニュース

メインコンテンツ

岸田首相、「AUKUS」を歓迎 日豪首脳電話会談

内閣発足から一夜明け、囲み取材に臨む岸田文雄首相=5日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
内閣発足から一夜明け、囲み取材に臨む岸田文雄首相=5日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は5日午前、オーストラリアのモリソン首相と電話で会談し、米英豪3カ国の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」の創設について、歓迎の意を表明した。両首相は中国を念頭に、東・南シナ海における一方的な現状変更の試みや経済的威圧に強く反対することでも一致した。

首相が外国首脳と電話で会談するのは、これに先立ち行われたバイデン米大統領との会談に続き2人目。

両首相は日豪の「特別な戦略的パートナーシップ」を発展させ、「自由で開かれたインド太平洋」実現のために連携することで合意。①安保・防衛と経済分野の協力②日米豪印を含めた同盟国などとの連携③気候変動などグローバルな課題での協力-を強化することで一致した。

両首相は北朝鮮による拉致問題の解決に向け連携することも確認。岸田首相は豪軍が北朝鮮による洋上での違法な物資の移し替え「瀬取り」の監視活動に参加していることを評価した。