YUKIAの洛中洛外

「今年の受賞は?」

ノーベル医学・生理学賞発表の中継を見つめる京都大関係者の様子を映す報道陣=4日、京都市左京区の京都大学(渡辺恭晃撮影)
ノーベル医学・生理学賞発表の中継を見つめる京都大関係者の様子を映す報道陣=4日、京都市左京区の京都大学(渡辺恭晃撮影)

今年も幕を開けたノーベルウイーク。日本人の受賞にも期待が高まる。

ノーベル医学・生理学賞の発表を前に設営された京都大学の記者会見場には多くのテレビ局のマイクが並んだ=4日
ノーベル医学・生理学賞の発表を前に設営された京都大学の記者会見場には多くのテレビ局のマイクが並んだ=4日

多くの受賞者を輩出してきた京都大。記者会見場の入り口には、メディアの場所取りのための脚立がずらり。テレビ局のスタッフたちはマイクや照明を準備し、慌ただしい雰囲気が広がっていた。

ノーベル医学・生理学賞発表を前に京都大学の記者会見場の入り口には報道陣の脚立が並んだ=4日
ノーベル医学・生理学賞発表を前に京都大学の記者会見場の入り口には報道陣の脚立が並んだ=4日

いよいよ発表の時。大学関係者や記者たちは発表の様子を映した中継を食い入るように見つめ、カメラマンたちはその表情を逃すまいとレンズを向ける。

ノーベル医学・生理学賞の発表前の京都大学には報道陣の脚立が並んだ=4日
ノーベル医学・生理学賞の発表前の京都大学には報道陣の脚立が並んだ=4日

医学・生理学賞、物理学賞は、京大関係者の受賞はならず。残る化学賞はどうなるのか。カメラは〝その時〟を狙い続けている。

ノーベル医学・生理学賞発表の様子を映したテレビ局スタッフのスマートフォン=4日
ノーベル医学・生理学賞発表の様子を映したテレビ局スタッフのスマートフォン=4日

(渡辺恭晃)