【安野光雅が描く洛中洛外】もう一度見たい作品12位 「島原太夫」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

安野光雅が描く洛中洛外

もう一度見たい作品12位 「島原太夫」

島原太夫
島原太夫

太夫に位をつけるなら最高位という。お母さんは司太夫といい、このたび長女の朱伽(あやか)さん、つまり「葵太夫」にもお目にかかることができた。

頭は重そうなかんざしを山ほど飾り、着る衣装も独特で重い。十二単(ひとえ)ではないが、それを簡略化したものらしく、なにしろあの不安定な高下駄(げた)だ。あれでは若くなければできないな…などと思う。

朱伽さんは気さくな方だった。ポーズを注文しても大丈夫とは思ったが、願ってもない機会だったので、そんなぜいたくなことはできなかった。(あんの みつまさ=画家、抜粋)

■令和四年カレンダー「安野光雅 洛中洛外」発売