旭日旗と靖国参拝を非難 北朝鮮外務省

北朝鮮の国旗(ロイター)
北朝鮮の国旗(ロイター)

北朝鮮外務省は5日、日本で旭日旗が使われたり、戦犯を合祀している靖国神社への政治家の参拝論議が起きたりしていると指摘し、日本がまた侵略の野望を抱いていると非難した。ホームページに同省日本研究所のチャ・ヘギョン研究員の名で文章を掲載した。

チャ氏は「日本が自称する『平和国家』がうわべだけのもので、今も昔も変わらない戦争勢力、平和を脅かす国家であるということを世界にさらけ出した」と主張した。(共同)