映像の任意開示、不適当 入管女性死亡で古川法相 - 産経ニュース

速報

速報

阿蘇山が噴火、黒い噴煙

メインコンテンツ

映像の任意開示、不適当 入管女性死亡で古川法相

古川禎久法相
古川禎久法相

古川禎久法相は5日、就任後初めての記者会見で、3月に名古屋出入国在留管理局で死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)の収容中の監視カメラ映像の任意開示について「保安上の問題や亡くなられた方の名誉もあり、代理人弁護士も含めた公開は適当でない」と述べた。

遺族側は8月に一部を閲覧した後、全面開示や弁護士の立ち会いを求めている。法務省側は拒否したが、今月に入り、国家賠償請求訴訟に先立つ裁判手続きの中で弁護士に部分開示された。

裁判手続き外での開示の可否を問われた古川法相は「訴訟が提起されていない現時点で、仮定して映像の取り扱いを答えるのは適切ではない」と答えた。

死刑制度については「国民世論の多数が、極めて悪質な犯罪は死刑がやむを得ないと考えている」とした上で「罪責が著しく重大で凶悪な罪を犯した者には、死刑を科すこともやむを得ない。死刑廃止は適当でない」と話した。