東芝のラグビー新会社、荒岡社長「分社化で退路断つ」 スポーツビジネス本格参入

--新リーグに向けての活動は

「いろんなことを考えてはいるが、実際に協賛の意を示してくれている企業は少なからず出ていて、ファン獲得でいえば、ファンクラブを近いうちに立ち上げ、募る」

「チームについても新シーズンから何とか強化につながるようないい形に持っていこうということでやっている。選手の採用面とかそういうところもかなり一生懸命やらせてもらっている。大事なポジションの強化、けがを防止するための施策や体調面をケアできる態勢を厚くバックアップできる形には持っていっている」

「(地域密着に向けては、チームの活動拠点となるホストエリアのほかに)セカンダリーホストエリア、フレンドリーエリアの開拓も視野に入れている」

--リーグ側に期待することは

「世界最高のクオリティーを持ったリーグにするといっているが、その礎になるのは、スポンサーを含めた多くのファンを獲得すること。ファン層の拡大はわれわれだけでできることではない。リーグ全体としてファンを膨らませていなくてはいけない。その後押しをとにかくしてほしい」

「(リーグワンには)日本の出身ではない選手もたくさん入っているし、それが魅力でもある。ファン層も国を越えた広がりになっていかないといけないし、リーグ自体もクロスボーダーマッチといった海外との交流試合を標榜(ひょうぼう)しているわけだから、そういった意味でいうと、国を越えた形でファン層を増やしていくことがリーグの目指す姿」

「そのためにはわれわれクラブ側もいろんな試み、提案をさせていただこうと思っているが、リーグ全体で広げていってもらわないと繁栄はない」