自民、麻生前財務相を副総裁に内定

派閥の例会で談笑する麻生太郎氏と自民党・甘利明氏(左)=9月30日午後、東京都千代田区(春名中撮影)
派閥の例会で談笑する麻生太郎氏と自民党・甘利明氏(左)=9月30日午後、東京都千代田区(春名中撮影)

自民党は5日午前、麻生太郎前副総理兼財務相を党副総裁に充てる人事を内定した。甘利明幹事長が同日午前の記者会見で発表した。参院国対委員長には岡田直樹元官房副長官、参院幹事長代行に野上浩太郎前農林水産相、幹事長代理に田中和徳元復興相と左藤章元防衛副大臣をそれぞれ起用する。8日に正式決定する。

甘利氏は麻生氏を副総裁に起用する狙いについて「首相は自分の色で内閣を全部染めた。ただ、内閣としてはどうしても進めたい(政策が)党では不協和音があるという場面が出てくると思う」と指摘。その上で「そういうときにお出ましになってもらい、『ご老公さま』に頼りない幹事長を助けていただきたい」と期待感を示した。