「深夜会見」見送り評価 河野氏、引き継ぎ式批判

河野太郎広報本部長(矢島康弘撮影)
河野太郎広報本部長(矢島康弘撮影)

河野太郎前行政改革担当相は5日、内閣府で開かれた退任式であいさつし、新閣僚による深夜の就任記者会見の開催を岸田文雄内閣が見送ったことを評価した。一方、新旧閣僚による事務引き継ぎ式を批判し「よもや誰も読まない引き継ぎ書を作って、引き継ぎ式なんかを今年はやっていないと信じている」と皮肉った。

河野氏は昨年9月の菅義偉内閣発足時、組閣当日から日付をまたいだ午前1時ごろに開始された官邸での会見で「前例主義の最たるものだ」と時間の見直しを主張していた。

岸田内閣は、松野博一官房長官を除く全閣僚が組閣翌日の5日に会見する対応を取った。河野氏は「惰性をやめ、無駄だと思われるものは、すぱっとやめなければ霞が関の働き方改革にはつながらない」と強調した。

河野氏が批判する新旧閣僚の事務引き継ぎ式は5日、野田聖子地方創生担当相や二之湯智防災担当相らが行った。