正恩氏との対話路線注目 岸田氏就任で韓国主要紙 - 産経ニュース

メインコンテンツ

正恩氏との対話路線注目 岸田氏就任で韓国主要紙

岸田首相就任について報じる韓国各紙=5日、ソウル(共同)
岸田首相就任について報じる韓国各紙=5日、ソウル(共同)

5日付の韓国主要紙は岸田文雄首相の就任を1面などで報じ、条件を付けずに北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記と直接向き合う覚悟だとの記者会見での発言に注目した。韓国とも「条件を付けずに対話に臨むよう期待する」との論調も見られた。

来年5月に任期を終える文在寅政権が南北関係改善に注力する中、日本の対北朝鮮政策を巡る動向にも関心が集まった。聯合ニュースは就任に先立つ記事で、岸田氏が昨年秋の著書で「北朝鮮と対峙する際、韓国の協力抜きに日本単独での行動はあり得ません」とつづったことを紹介した。

一方、革新系紙ハンギョレは社説で「(日韓)両国関係の冷却状態が続くことはいずれにとっても有害だ、ということを岸田首相が知らないはずはない」と指摘。「東アジアの国際秩序が急変している今、両国は互いを非常に必要としている」として対話を訴えた。(共同)