岸田首相、ノーベル物理学賞の真鍋氏に祝意の談話 - 産経ニュース

メインコンテンツ

岸田首相、ノーベル物理学賞の真鍋氏に祝意の談話

ノーベル物理学賞の受賞が決まった真鍋淑郎・米プリンストン大上席研究員=2017年10月
ノーベル物理学賞の受賞が決まった真鍋淑郎・米プリンストン大上席研究員=2017年10月

岸田文雄首相は5日、米プリンストン大上席研究員の真鍋淑郎(しゅくろう)氏(90)=米国籍=のノーベル物理学賞受賞が決定したことを受けて「人類社会の持続的な発展や国際社会に大きく貢献し、世界から認められたことを日本国民として誇りに思う」との談話を発表した。

同時に首相は「政府としてあらゆる分野でイノベーションを起こし続けることを目指し、独創的で多様な研究をしっかり支援し、人材育成など未来への投資を積極的に進める」との意向を示した。

談話の全文は次の通り。

プリンストン大学客員研究員、国立研究開発法人海洋研究開発機構フェロー真鍋淑郎氏に本年のノーベル物理学賞の受賞が決定しました。

受賞を心からお喜び申し上げますとともに、真鍋淑郎氏のご業績に心から敬意を表します。

今回の受賞は、信頼性の高い地球温暖化予測を実現する地球気候の物理モデルについての業績が世界で高く評価されたものです。

日本における研究活動の積み重ねをもとに、海外で活躍されている研究者の独創的な発想による真理の発見が、人類社会の持続的な発展や国際社会に大きく貢献し、世界から認められたことを、日本国民として誇りに思います。

科学技術立国であるわが国において、政府としても、あらゆる分野でイノベーションを起こし続けることを目指し、独創的で多様な研究をしっかり支援していくとともに、人材育成など未来への投資を積極的に進めてまいります。

令和3年10月5日

内閣総理大臣 岸田文雄