東京原油、3年ぶり高値 協調減産継続で

4日夕から5日朝まで東京商品取引所で行われた中東産原油の先物の夜間取引で、指標価格が一時1キロリットル当たり5万3130円に上昇し、平成30年10月24日以来約3年ぶりの高値を付けた。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどによる「OPECプラス」が4日、協調減産の継続を決定したことが要因。

ただ、徐々に増産方向へ転じる「減産幅の縮小」も続くことから、原油市場では、経済再生に向かう日米欧の需要増加見通しと比べると、年内は原油生産量が足りないとの見方が広がっている。

野村証券の大越龍文シニアエコノミストは「欧州の天然ガス価格の高騰も原油高の一因」と話した。