産経抄

10月5日

スポニチ公式サイトで、米大リーグの大谷翔平投手に関する、ちょっといい話を見つけた。先月末のエンゼルスタジアムでの出来事である。試合を控えたマリナーズの救援投手セワルドが、キャッチボール中の大谷を見つけて話し込んでいた。

▼記者が声をかけると、ボールにサインを頼んでいたという。いかに大谷がすばらしいか、目を輝かせて語っていた。今夏のオールスターゲームでも、サインを求める選手が列を作った。投打二刀流の活躍が高い評価を受けている証しである。

▼その大谷は今季の最終戦となった3日のマリナーズ戦で46号ソロを放ち、有終の美を飾った。本塁打王こそ逃したものの、安打、打点、得点、投球回、奪三振でいずれも100の大台に達する史上初の快挙である。

ランキング

  1. 茨城南部で震度4 マグニチュード4・6

  2. 【石平のChina Watch】「歴史決議」に隠された狙い

  3. 山崎拓氏「小選挙区は辻元清美、比例は自民」

  4. 【阿比留瑠比の極言御免】現実的な外交・安保こそ争点

  5. 【SNSの罠】誓約書を書かせて性暴力「うずしお先生」卑劣な手口

  6. タピオカ店への脅迫認定、木下優樹菜さんに賠償命令 東京地裁

  7. 福田元首相、コロナ中国起源説は「風評」

  8. 小池都知事、再入院で静養 1週間程度、過度の疲労

  9. 衆院選選挙区終盤情勢②東京 南関東 北陸信越

  10. 米統合参謀本部議長 「スプートニク」に近い 中国極超音速兵器開発