現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

10月5日

スポニチ公式サイトで、米大リーグの大谷翔平投手に関する、ちょっといい話を見つけた。先月末のエンゼルスタジアムでの出来事である。試合を控えたマリナーズの救援投手セワルドが、キャッチボール中の大谷を見つけて話し込んでいた。

▼記者が声をかけると、ボールにサインを頼んでいたという。いかに大谷がすばらしいか、目を輝かせて語っていた。今夏のオールスターゲームでも、サインを求める選手が列を作った。投打二刀流の活躍が高い評価を受けている証しである。

▼その大谷は今季の最終戦となった3日のマリナーズ戦で46号ソロを放ち、有終の美を飾った。本塁打王こそ逃したものの、安打、打点、得点、投球回、奪三振でいずれも100の大台に達する史上初の快挙である。

ランキング

  1. 【緯度経度】日本の戦史研究にいそしむ中国 古森義久有料プラン記事

  2. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  3. 【産経抄】2月3日無料プラン記事

  4. 【正論】半導体規制、「対中」を避けるな 明星大学教授・細川昌彦無料プラン記事

  5. 【主張】日本とNATO 協力の深化で平和を守れ

  6. 【主張】「飲む中絶薬」 女性の身体を守る契機に

  7. 【北京春秋】ゼロコロナ終了の春節

  8. 【緯度経度】反日に飛びつく防弾政治 黒田勝弘有料プラン記事

  9. 【産経抄】2月2日無料プラン記事

  10. 【石平のChina Watch】怪しげな「人口80%感染説」有料プラン記事