被害女性に「恨みない」 川崎の殺人未遂疑いで逮捕の男

神奈川県警本部
神奈川県警本部

川崎市多摩区の路上で4日夜、男児(5)と母親(48)、女性(20)の3人が刃物で襲われた事件で、女性に対する殺人未遂容疑で逮捕された男が「個人的な恨みはない」と供述していることが5日、神奈川県警多摩署への取材で分かった。3人と面識はないといい「殺してあげたかった」とも供述しており、刑事責任能力の有無を慎重に調べている。

署によると、逮捕されたのは、同市多摩区堰、無職、久保一紀容疑者(40)。母子を襲った後、自宅に戻り、再び路上に出て別の女性を刃物で切り付けるなどした。

逮捕容疑は、4日午後7時5分ごろ、同市多摩区堰1丁目の路上で、顔面を殴ったり、包丁で腕を切り付けたりして殺害しようとしたとしている。