護衛艦いずも「空母化」へ、米海兵隊F35Bが初めて発着艦 - 産経ニュース

メインコンテンツ

護衛艦いずも「空母化」へ、米海兵隊F35Bが初めて発着艦

改修中のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」に着艦する米海兵隊のF35B=3日、四国沖
改修中のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」に着艦する米海兵隊のF35B=3日、四国沖

防衛省は5日、「空母化」に向けて改修中のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」に、最新鋭ステルス戦闘機F35Bが発着艦できるかを確認するため、3日に四国沖で検証作業を行ったと発表した。

検証には米海兵隊が協力してF35Bを飛ばし、実際にいずもに発着艦した。海上自衛隊の艦艇にF35Bが発着艦するのは今回が初めてで、岸信夫防衛相は5日の記者会見で「日米の相互運用性の向上に資するものだ」と強調した。

F35Bが発着する際の熱に耐えるための甲板の耐熱化といった改修は同型艦「かが」でも実施している。岸氏は、いずもについて令和6年度末からの定期検査で、かがについては同8年度末からの定期検査で、搭乗員待機区画などを整備する2回目の改修を行うことを明らかにした。