エンゼルスGM、大谷との契約延長を希望 「大好きだ」

米大リーグ、マリナーズ戦の1回、46号となる先頭打者本塁打を放ち、ベンチで迎えられるエンゼルス・大谷翔平=3日、シアトル(共同)
米大リーグ、マリナーズ戦の1回、46号となる先頭打者本塁打を放ち、ベンチで迎えられるエンゼルス・大谷翔平=3日、シアトル(共同)

米大リーグ、エンゼルスのペリー・ミナシアン・ゼネラルマネジャー(GM)は今季終了から一夜明けた4日、本拠地アナハイムのエンゼルスタジアムで取材に応じ、2023年オフにフリーエージェントになる大谷翔平との契約延長を希望した。「We Love Sho(私たちは翔平が大好きだ)」と語った。

大谷は23年オフ前の交渉に応じる可能性に「この4年間、一番近くで支えてもらった球団でもある。オープンな気持ちでもちろん話す」と語っている。

今季は投打の「二刀流」で9勝、46本塁打と100打点。GMは「信じられない一年だった」と評価。来季の起用法には「変わらないと思う」と二刀流が継続する方針を示した。(共同)