巨人がスカウト会議 1、2位は投手を指名方針

巨人は5日、川崎市のジャイアンツ球場で11日のドラフト会議に向けたスカウト会議を開き、原監督らが出席した。投手で考えているドラフト1位指名選手は決まらず、直前まで議論を重ねる方針。大塚球団副代表は「即戦力でいくのか、有望な高校生でいくのか。悩んでいる」と語った。

1位が競合となった場合は今村球団社長がくじを引く予定。2位も投手を指名する方針。全体では支配下選手で最大6人、育成選手で10人程度を指名する見通し。