透析中止の説明「不十分」 福生病院、患者遺族と和解

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

東京都福生市の公立福生病院で平成30年に死亡した腎臓病の女性患者=当時(44)=の遺族が、人工透析を中止した医師の行為は違法だとして、病院側に2200万円の損害賠償を求めた訴訟は5日、東京地裁(桃崎剛裁判長)で和解が成立した。患者への説明や意思確認が不十分だったとして、病院側が遺族に解決金を支払う内容。金額は明らかにされていない。

遺族側は「患者が苦痛などを理由に透析中止を望んでも、医師は継続を説得するなど治療を尽くす義務があったのに怠った」と主張していた。

和解条項では「医師が透析中止を積極的に提案し、患者を死に誘導したとは認められない」と指摘。その上で「透析中止の判断が患者の生死に関わる重大な意思決定であることにかんがみると、患者への説明や意思確認に不十分な点があった」と認め、病院側が再発防止に取り組むよう明記した。