「鬼滅」無限列車編、TV版始動 新作含む全7話を10日から - 産経ニュース

メインコンテンツ

「鬼滅」無限列車編、TV版始動 新作含む全7話を10日から

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

日本映画歴代1位となる興行収入を記録した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」。同作に新たなエピソードなどを加え、全7話に再構成した「テレビアニメ『鬼滅の刃』無限列車編」(フジテレビ系は日曜午後11時15分)が10日から放送される。一昨年に放送されたテレビアニメ第1期「竈門(かまど)炭治郎立志編」のストーリー上の続編となり、12月5日放送開始の「遊郭編」(同)へとつながる。

テレビ版「無限列車編」第1話で描かれるのは、作中に登場する「鬼殺隊」の主要隊士である煉獄(れんごく)杏寿郎が、戦いの舞台となる「無限列車」へと向かう道中の任務を描く新作エピソード。2~7話は、無限列車での任務を約70カットの新作追加映像などを含めて放送するという。テレビ版の主題歌も劇場版と同じくLiSAさんが担当。制作サイドは連名で「劇場版、テレビアニメ、どちらの『無限列車編』も、お楽しみいただければ」としている。

「遊郭編」は、主人公の炭治郎ら「鬼殺隊」隊士たちが、鬼が潜むといわれる遊郭に潜入任務を行うストーリー。こちらは全編完全新作で、12月5日の初回は1時間スペシャル。同編のキーキャラクターとなる堕姫(だき)役を沢城みゆきさんが演じる。主題歌はAimer(エメ)さんが担当する。(本間英士)