サッカー日本代表の冨安「ここ2試合で決まる」 サウジ戦へ初練習 - 産経ニュース

メインコンテンツ

サッカー日本代表の冨安「ここ2試合で決まる」 サウジ戦へ初練習

サウジアラビア戦に向けて調整する冨安(中央)=ジッダ(日本サッカー協会提供)
サウジアラビア戦に向けて調整する冨安(中央)=ジッダ(日本サッカー協会提供)

サッカーの日本代表は4日、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組第3戦となるサウジアラビア戦(7日)に向け敵地のジッダで初練習を行った。冨安(アーセナル)ら17人が参加。12日には埼玉スタジアムでオーストラリアとの第4戦に臨む。

サウジアラビア、オーストラリアとの2連戦は、W杯が開かれるカタール行きのカギを握っている。守備の要として期待が高まる冨安は「ここで決まるといっても過言ではないくらい大事な2試合。いい緊張感でやりたい」と強い覚悟をにじませた。

冨安はサウジアラビア相手に結果を残している。2019年1月、1-0で辛勝したアジア・カップ決勝トーナメント1回戦で前半20分にCKから決勝点を奪った。相手のボール支配率が76・3%と押し込まれた中で勝利を手繰り寄せた。「どんな展開でも、後ろはゼロで守らないといけない」と意気込んだ。

今夏、イタリア1部(セリエA)のボローニャからイングランド・プレミアリーグの名門アーセナルに移籍した。即先発起用され出場全4試合で3勝1分け。開幕から3連敗を喫していたチームの立て直しに貢献し、存在感を放っている。

敗れた9月2日のオマーンとの最終予選初戦は契約交渉の影響で不在だった。「サッカーをやっている以上、完全はない。まだまだ上がある。自分の価値を証明し続けたい」と冨安。22歳は成長曲線を描きながら勝利を追い求める。(川峯千尋)