熊本大研究員の殺害認める 「うそばれ激高」と検察

昨年9月、熊本大の女性研究員=当時(35)=を殺害したなどとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた住所不定の無職、熊谷和洋被告(68)に対する裁判員裁判初公判が5日、熊本地裁で開かれ、熊谷被告は間違いないとして起訴内容を認めた。

検察側の冒頭陳述によると、被告は女性が住んでいたマンションの元清掃作業員。「自分は会社社長だ。マスクを開発して寄付したいので、デザインを考えてほしい。大学に寄付したい」と女性にうそを言い、昨年4~5月ごろ、一緒に食事をする仲になったという。9月6日にうそと発覚してトラブルになり、女性の態度に激高して殺害したと指摘した。