「フルードパワー国際見本市」など5展示会、6日に一斉開催(1/2ページ) - 産経ニュース

速報

速報

阿蘇山が噴火、黒い噴煙

メインコンテンツ

「フルードパワー国際見本市」など5展示会、6日に一斉開催

ソナスが開発したIoT向け無線規格「ユニゾネット」を搭載した通信機器(同社提供)
ソナスが開発したIoT向け無線規格「ユニゾネット」を搭載した通信機器(同社提供)

6日から8日までの3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)南ホールで、産経新聞社主催・特別協力の「第26回フルードパワー国際見本市 IFPEX2021」「測定計測展2021」「センサエキスポジャパン2021 オータム」が開催される。脱炭素化に欠かせない省エネ技術をはじめ、ITを駆使して業務を変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)を支える最新の製品やシステムが一堂に会する。

フルードパワーは、油圧・水圧・空気圧といった流体(気体、液体)のエネルギーを利用して、機械や装置を動かしたり停止させたりする駆動方式の総称。その国際見本市である「IFPEX2021」(日本フルードパワー工業会、産経新聞社主催)には95社が出展する。ものづくりに欠かせないフルードパワーも脱炭素化が大きな課題で、今回の開催では二酸化炭素(CO2)排出量の削減に寄与する油圧ショベルや空気圧システムなどが注目される。

工作機械や旋盤などで生じた切りくずを一瞬で除去できるSMCの「インパクトブローガン」
工作機械や旋盤などで生じた切りくずを一瞬で除去できるSMCの「インパクトブローガン」

空気圧制御機器で世界トップメーカーのSMCは圧縮した空気を発射するエアガン「インパクトブローガン」を出展。工作機械で生じた切りくずなどを一瞬で除去できる。インパクトブローガンの中にエアタンクを設けることで一気に圧縮空気を吐き出せるようにした。初期の圧力が従来の3倍以上となり、空気消費量が80%以上削減され、省エネ効果がある。開発した長谷川直美氏は「さまざまな生産現場で使える製品で、顧客に新たな提案をしたい」と意気込む。

消費電力を大幅に削減できる川崎重工業の油圧と電動のハイブリッド駆動システム=5日、東京都江東区
消費電力を大幅に削減できる川崎重工業の油圧と電動のハイブリッド駆動システム=5日、東京都江東区

川崎重工業は産業機械で使う油圧と電動のハイブリッド式駆動システムを展示する。油圧ポンプとモーターを組み合わせ、動作に応じて、電動機の回転数を制御して、消費電力を大幅に低減する。金型製作に必要なプレス機械や工作機械の省エネ効果を促進する製品として期待されている。

「測定計測展2021」(日本光学測定機工業会、日本精密測定機器工業会主催、産経新聞社特別協力)は、日本の高品質なものづくりを支える光学・精密機器メーカーなど47社が出展する。黒田精工は、加工物の丸形状の部分を測定する際、固定用に使う「治具(じぐ)」を展示。作動ねじ1本をレンチで回すだけで固定できるため測定時間を短縮する。ミツトヨ(川崎市高津区)が測定からデータ管理まで一体化したシステム、東京精密が最新の非接触測定機を披露する。