真鍋氏のノーベル賞受賞、小林担当相「大きな励み」

小林鷹之科学技術政策担当相=5日午後、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)
小林鷹之科学技術政策担当相=5日午後、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)

小林鷹之科学技術政策担当相は5日、米プリンストン大上席研究員の真鍋淑郎(しゅくろう)氏(90)=米国籍=のノーベル物理学賞受賞が決定したことを受け祝意の談話を発表した。「ノーベル賞を海外で活躍している日本出身の研究者が受賞したことは、日本人研究者にとって大きな励みとなる」とたたえた。

今回の受賞について、若い世代が「学術の探究や地球規模課題の解決などに積極的に挑戦する契機となることを期待する」と言及。その上で「政府として、優れた若手研究者が活躍できる研究環境の整備や学術研究・基礎研究の推進など、研究力の向上に全力で取り組む」と語った。