東証、原油高で7日続落 終値2万8000円割れ - 産経ニュース

メインコンテンツ

東証、原油高で7日続落 終値2万8000円割れ

東京証券取引所
東京証券取引所

5日の東京株式市場の日経平均株価は大幅続落した。終値は前日比622円77銭安の2万7822円12銭。平均株価は約2年5カ月ぶりに7営業日連続で下落し、節目の2万8000円を割って取引を終えた。原油先物相場の上昇に伴う米インフレ進行や日本経済の回復の遅れが懸念された。

東証株価指数(TOPIX)は26・17ポイント安の1947・75。出来高は約15億1100万株。

前日の米株式市場では、原油相場が上昇したことで景気が鈍化するとの見方が出て、売り注文が出た。米連邦政府の債務上限問題を巡る与野党対立も悪材料で、ハイテク株主体のナスダック総合指数が反落し、東京市場の半導体関連銘柄の下落につながった。

中国の不動産市場を巡る不透明感も投資家心理を冷やした。