和歌山市、8日復旧目指す 6万戸断水で影響拡大 - 産経ニュース

メインコンテンツ

和歌山市、8日復旧目指す 6万戸断水で影響拡大

送水管が崩落した紀の川に架かる「水管橋」=4日午前9時40分、和歌山市
送水管が崩落した紀の川に架かる「水管橋」=4日午前9時40分、和歌山市

紀の川に架かる送水管が崩落し、約6万戸が断水している和歌山市の尾花正啓市長は4日夜に記者会見し、並行して架かる県道の橋の上に仮の送水管を設置する作業を6日から始め、8日中の送水開始を目指すと発表した。

崩落した送水管は、紀の川南岸近くの浄水場から北岸に延びており、川より北の地域で断水している。断水地域ではホームセンターでバケツなどが売り切れ、品薄の商品も出るなど影響が広がっている。

尾花市長は4日午前の会見で平成27年度に送水管の耐震化工事をしたとし「老朽化で崩落したとは考えにくい」との認識を示した。