大谷「楽しい一年だった」 メジャー4年目を総括 一問一答

最終戦の大谷翔平(AP)
最終戦の大谷翔平(AP)

エンゼルス大谷翔平が3日の今季最終戦試合前、シーズンを振り返る会見を行った。主な一問一答は次の通り。(共同)

―-メジャー4年目を振り返ると

「より多く試合に出られたというのは単純に楽しかったし、それだけ貢献できる頻度が高いということは選手としてもやりがいがある。楽しい一年だった」

-―期待に応える活躍だった

「期待通りかどうかはファンの人であったり、監督、コーチが決めるのかなと思うけれど、一年間まず大きなけがなく出続けたのは良かった。逆に言えば、もっと早い段階でこういう形をつくらなきゃいけなかった」

―-本塁打王争いで得たものは

「単純に貴重な経験という印象。いろんな選手から刺激をもらって、いいシーズンを過ごせたというのは選手としていい経験になった」

―-改善の余地は

「特に投球は探り探りの部分が多かった。もっと自信を持って投げられるよう、一年間通して自分のパフォーマンスができるようにやっていけば、より良いシーズンになると思う」

-―ごみを拾う姿なども米国で話題になった

「ベンチの中だったりは危なかったりする。階段で転んだりする人もいるし、そういう小さいつまらないけがは自分も、周りの人にもしてほしくない」