毎日電話のおしどり夫婦 裕子夫人、外交舞台も経験 - 産経ニュース

メインコンテンツ

毎日電話のおしどり夫婦 裕子夫人、外交舞台も経験

G7外相会合に合わせ、広島女学院を訪問した岸田裕子さん=2016年、広島市(代表撮影)
G7外相会合に合わせ、広島女学院を訪問した岸田裕子さん=2016年、広島市(代表撮影)

ファーストレディーとなった岸田文雄首相の裕子(ゆうこ)夫人(57)は普段、地元・広島で暮らす。結婚生活で「一緒に過ごしたのは3分の1程度」(首相)と言うが、2人は毎日電話する「おしどり夫婦」だ。

お見合い結婚で、初デートはディスコ「マハラジャ」だった。30年以上連れ添い、首相は「口げんかで勝てたことがない。『頑張って』と言ってくれるときは機嫌が良いときだ」と笑う。裕子夫人も首相のことを「記念日にプレゼントはないけれど、心がある人」と気持ちを寄せる。

平成28年、首相が外相時にこだわった先進7カ国(G7)外相会合の広島開催で、裕子夫人は和服姿で各国外相夫人をもてなした。既に外交舞台は経験済みだ。

自民党総裁選の期間中は上京し、長男で秘書を務める翔太郎氏と3人でインスタグラム動画に出演。親しみやすさをアピールし、夫のイメージアップに一役買った。