藤井棋聖勝ち、王将リーグ2連勝

第71期王将戦の挑戦者決定リーグで広瀬章人八段を破り、2連勝とした藤井聡太棋聖=4日、東京・千駄ケ谷の将棋会館(日本将棋連盟提供)
第71期王将戦の挑戦者決定リーグで広瀬章人八段を破り、2連勝とした藤井聡太棋聖=4日、東京・千駄ケ谷の将棋会館(日本将棋連盟提供)

将棋の藤井聡太棋聖(19)=王位・叡王=は4日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された第71期王将戦の挑戦者決定リーグ(王将リーグ)で、後手の広瀬章人八段(34)を67手で破り、リーグ2連勝とした。

王将リーグは棋士7人が総当たりで戦い、優勝者が渡辺明王将(37)への挑戦権を得る。

藤井棋聖は今年度、挑戦を決めている竜王戦に加え、王将戦への挑戦を決めれば最大5冠の可能性がある。

終局後、王将リーグ開幕2連勝とした藤井棋聖は「良いスタートができた」と語った。敗れた広瀬八段は1勝1敗となり、「始まったばかりだが、離されないようにしたい」と話した。