菊池「野球に向き合った」 7勝9敗の3年目に悔しさも

試合前、取材に応じるマリナーズ・菊池=シアトル(共同)
試合前、取材に応じるマリナーズ・菊池=シアトル(共同)

米大リーグ、マリナーズの菊池雄星は3日、「とことん野球に向き合った3年目と思います」と、29試合で7勝9敗の今季を振り返った。

前半戦は先発陣を支え、オールスター戦に初めて選ばれた。後半戦は失速し、最終的には先発ローテーションを外れてしまう。最終戦での地元ファンの大歓声を悔しい思いで聞いていたそうで「来季以降につなげていく。野球をやっている以上、課題はどんどん出てくる。そこから逃げず、正面から向かっていく。そうやって成長してきたので」と力強い口調で結んだ。(共同)