戸籍上の性別変更申し立て 手術せず、静岡家裁支部に - 産経ニュース

メインコンテンツ

戸籍上の性別変更申し立て 手術せず、静岡家裁支部に

申し立てのため静岡家裁浜松支部に向かう鈴木げんさん(最前列左)ら=4日午前、浜松市
申し立てのため静岡家裁浜松支部に向かう鈴木げんさん(最前列左)ら=4日午前、浜松市

男性として生活するが、戸籍上は女性のトランスジェンダー鈴木げんさん(46)=浜松市=が4日、生殖機能をなくす性別適合手術をしないまま、戸籍上の性別変更を静岡家裁浜松支部に申し立てた。戸籍の性別変更を可能とする性同一性障害特例法は、手術を要件の一つにしている。鈴木さんは性自認通りの性別が尊重されるべきだと主張している。

鈴木さんは幼少期から女性として扱われることに違和感があり、40歳で性同一性障害の診断を受けた。ホルモン療法の結果、筋肉質になり、乳房も摘出しているため、見た目は男性だ。身体的、精神的に負担が大きいことなどから、手術は望んでいない。

特例法を巡っては最高裁が平成31年、手術を要件とする規定を合憲と判断。ただ裁判官4人のうち2人は、憲法13条の幸福追求権に違反している疑いがあるとの意見を補足した。