【藤井聡太 深化する強さ(下)】完勝の「藤井曲線」生む2つのAIソフト - 産経ニュース

藤井聡太 深化する強さ(下)

完勝の「藤井曲線」生む2つのAIソフト

棋聖、王位、叡王の三冠、藤井聡太(19)の今年度の公式戦で、大幅に増えた戦型がある。「相掛かり」。今年度に入って36局中、15局(9月30日現在、未放映のテレビ棋戦を除く)にのぼる。藤井が公式戦で相掛かりを指したのは、平成29年度から昨年度まで年間9~4局。今年度はまだ約半年残っている段階で、突出している。

増えた「相掛かり」

相掛かりとは、互いに飛車先の歩を進めていく戦型だ。その後の指し手のバリエーションが広く、先手の利点を生かしやすいとされる。

ランキング

  1. フェイスブックが社名変更か 米メディア報道
  2. 政府、韓国に抗議「国際法違反」 三菱重工の資産売却命令
  3. 反田さんに立ち上がり称賛 ショパンコンクール本選
  4. 紀子さまの父、川嶋辰彦さんが入院
  5. ウイグル弾圧犠牲者の追悼集会を妨害 中国人10人摘発 警視庁
  6. 身内が拉致されたら言えますか 半井小絵
  7. 卑弥呼論争に一石 統治は纒向、擁立は九州・吉備中心
  8. 日本がリーダーシップ発揮するとき 台湾TPP加入実現へ
  9. 北朝鮮「新型SLBMの潜水艦発射に成功」と報道
  10. ダルビッシュが松坂に思い 「格の違いを感じた」

メインコンテンツ