「KANSAIウオーク2021」参加者募集 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「KANSAIウオーク2021」参加者募集

関西の名所を歩いてめぐる「KANSAIウオーク2021」(主催・産経新聞社、特別協賛・ライオン)が1日、始まった。新型コロナウイルス感染防止の観点から昨年に続き、スマートフォンアプリを活用し、12月31日までの期間中の好きな日時に所定のコースを歩くスタイルで実施する。

「大阪城・難波宮跡から聖徳太子建立の四天王寺をめぐるコース(大阪市)」▽「嵐山から聖徳太子建立の広隆寺をめぐるコース(京都市)」▽「聖徳太子が暮らした斑鳩の法隆寺・中宮寺・法輪寺・法起寺をめぐるコース(奈良県斑鳩町など)」-の3コース。ウェブサイト(https://kansai-walk.jp/)で事前に申し込みをすれば、3コースすべてを楽しむことができる。参加無料で、期間中はいつでも申し込める。

申し込み後はスマートフォンに指定のアプリをインストールし、コースの地図とともにメールで送られてくるID情報を入力。スタート地点でアプリを起動し、自分のペースでゴール地点まで歩いてアプリで完歩のチェックを入れる。期間中に完歩したコース数によって記念品が送られる。定員は4500人。

問い合わせは大会事務局(06・4707・0333)。