関西スーパー総会に検査役 手続きや決議方法調査 - 産経ニュース

メインコンテンツ

関西スーパー総会に検査役 手続きや決議方法調査

関西スーパーマーケットは4日、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループとの統合案を諮る29日開催の臨時株主総会について、招集手続きや決議方法の過程を調べる検査役の選任を神戸地裁伊丹支部に申し立てたと発表した。

検査役は、総会後に決議の有効性が争われるケースに備えて裁判所が選任する。中立的な立場から調査を行い、報告書を作成する。統合案に反対し、買収意向を示す首都圏地盤のスーパー、オーケー(横浜市)も同様の申し立てをしている。

オーケーはH2Oとの統合案が否決され、関西スーパー側の同意が得られれば1株あたり2250円で株式公開買い付け(TOB)を実施すると表明している。