【産経抄】10月4日 - 産経ニュース

産経抄

10月4日

高度成長のきっかけとなり、日本を「経済大国」へ押し上げた「所得倍増計画」の舞台裏では、何が起こっていたのか。作家の沢木耕太郎さんは、『危機の宰相』のなかで、3人の立役者にスポットを当てて、その内実をドラマチックに描いた。池田勇人元首相、経済学者の下村治、池田の後援会「宏池会」の事務局長を務めた田村敏雄。元大蔵官僚だった3人には、もう一つ共通点があった。

▼池田は宇都宮税務署長だった昭和のはじめ、全身にかさぶたができる「天疱瘡(てんぽうそう)」にかかった。世界でも珍しい病気で5年間の寝たきり生活を送る。看病した妻に先立たれる悲劇にも見舞われた。下村にとって人生最大の敵は結核だった。何度も再発して闘病生活を余儀なくされる。田村はシベリア抑留という過酷な体験を強いられた。

▼いずれも、官僚として出世の道を断たれた「ルーザー(敗者)」である。にもかかわらず、「誰よりも『楽観的』に…日本国民は豊かになるのだ、と声を上げるために巡り会うことになる」

ランキング

  1. 尼崎女性刺殺事件 殺害された女性は28歳病院事務員
  2. 英下院議員刺殺、警察「テロ」と断定 イスラム過激主義と関連
  3. 岸田自民党には容赦ない維新の強気
  4. 北海道百年記念塔の解体計画 複数の市民団体が反対
  5. 「交際断られた」と逮捕少年 逆恨みで侵入か 甲府2人死亡放火
  6. 93歳が店長、最年少70歳の団子店「卑弥呼」
  7. 【エンタメ再興】漫才が「終わったな」と思いました
  8. 今年の紅葉「ここ数年で最も美しい」 ウェザーニューズ見頃予想
  9. 台湾・高雄の火災で女性ら取り調べ

メインコンテンツ