ホンダ新車オンライン販売 大手初、契約まで完結 コロナで非対面需要開拓

ホンダのロゴ
ホンダのロゴ

ホンダは4日、オンラインでの新車販売を始めた。日本で商談から契約までオンライン上で完結できるのは、国内自動車大手で初めて。まずは一部地域の店舗で対応し、将来的に全国展開する。新型コロナウイルス流行で非対面での接客を求める顧客や、車離れが進む若者の需要を開拓したい考えだ。オンライン販売は米国など海外で先行。デジタル化で購買行動が変化していることもあり、国内でも広まる可能性がある。

ホンダ子会社が運営する専用サイトで、車種の選定とオプションの決定、ローン審査などを行う。顧客は納車時だけ店舗に行けば済む。購入できるのは販売台数の多い主力車種となる。

競合他社も販売方法を見直している。日産自動車は、今冬に発売予定の新型の電気自動車(EV)「アリア」の購入をオンラインで完結できるようにする。