筒香は4打数1安打 パイレーツで8本塁打、25打点の好成績

レッズ戦の1回、二塁打を放つパイレーツ・筒香=ピッツバーグ(ゲッティ=共同)
レッズ戦の1回、二塁打を放つパイレーツ・筒香=ピッツバーグ(ゲッティ=共同)

米大リーグ、パイレーツの筒香嘉智は3日、ピッツバーグでのレッズ戦に「2番・右翼」で出場し、4打数1安打だった。内容は右二塁打(今季12本目)、右飛、空振り三振、左飛で打率は2割1分7厘。チームは3―6で負けた。

筒香が今季最後の安打を記録したのは一回だった。無死一塁から一、二塁間を破ると、守備シフトで右中間寄りに守っていた右翼手が打球を処理する間に二塁を陥れた。

レイズ、ドジャースを戦力外になり、マイナーでプレーしながら課題と向き合った。パイレーツ移籍後は43試合で打率2割6分8厘、8本塁打、25打点の好成績を残した。

シェルトン監督は「いいプレーをしてくれたし、慣れない外野でも守りを向上させた。彼のことが本当に好きだ」と褒めたたえた。(共同)