法相の古川氏「外国人との共生は時代の要請」

法相に決まり、首相官邸に入る古川禎久氏=4日午後3時53分
法相に決まり、首相官邸に入る古川禎久氏=4日午後3時53分

岸田文雄内閣の法相に任命された古川禎久元財務副大臣は4日、首相官邸で記者団に「法務行政は国家の背骨なので大変重い責任がある。しっかり責任を全うしていきたい」と述べた。その上で「特に外国人との共生が時代の要請だ。そういうものに沿った法務行政になるよう、足元の施策についても努力したい」と語った。

古川氏はこれまで、法務政務官、衆院法務委員会の筆頭理事を歴任。岸田氏は「そういう経験を生かして、しっかり頑張ってもらいたい」と激励したという。