男子フリーで長谷川が銅メダル 世界レスリング第2日 - 産経ニュース

メインコンテンツ

男子フリーで長谷川が銅メダル 世界レスリング第2日

レスリング世界選手権で銅メダルを獲得した男子フリー61キロ級の長谷川敏裕=オスロ(日本レスリング協会提供)
レスリング世界選手権で銅メダルを獲得した男子フリー61キロ級の長谷川敏裕=オスロ(日本レスリング協会提供)

レスリングの世界選手権第2日は3日、オスロで行われ、男子フリースタイルで非五輪階級の61キロ級の長谷川敏裕(日体ク)が3位決定戦でモンゴル選手にテクニカルフォール勝ちし、銅メダルを獲得した。日本勢で今大会初のメダル。

25歳の長谷川は2日に3試合を勝って進んだ準決勝で敗れていた。

非五輪階級の79キロ級の吉田隆起(自衛隊)は2試合を勝って迎えた準決勝で2012年ロンドン五輪74キロ級金メダルのジョーダン・バローズ(米国)に屈し、4日(日本時間5日未明)の3位決定戦に回った。

■長谷川敏裕の話「(3位決定戦は)自分の思い通りにできたかなと思っている。本当は一番になりたかったので、悔しさ半分、うれしさ半分という感じ」(共同)