麻生氏「憲法違反の状況短くする」31日投開票に理解 - 産経ニュース

メインコンテンツ

麻生氏「憲法違反の状況短くする」31日投開票に理解

退任の記者会見をする麻生財務相=4日午前、財務省
退任の記者会見をする麻生財務相=4日午前、財務省

自民党の麻生太郎前副総理兼財務相は4日、東京都内で開かれた会合で、岸田文雄首相が次期衆院選を19日公示、31日投開票の日程で行う意向を固めたことについて「憲法上は10月21日が(衆院議員の)任期満了。岸田首相は、憲法違反の状況をなるべく短くするのは当たり前ではないかということから、10月31日が投票ということになる」と理解を示した。

麻生氏は「そういったことを一つ一つやっていくことが、政権政党に与えられた責務だと思っている」と強調した。