復興相・沖北相起用の西銘氏「国民の声に寄り添う」

官邸に入る西銘恒三郎氏=4日午後、首相官邸(川口良介撮影)
官邸に入る西銘恒三郎氏=4日午後、首相官邸(川口良介撮影)

岸田文雄内閣で復興相、沖縄・北方対策担当相に任命された西銘(にしめ)恒三郎元経済産業副大臣は4日、首相官邸で記者団に「とにかく現場に出向いて、国民の声に寄り添う。その基本をしっかりと踏まえて全力で東北の復興、国民の幸せのために頑張りたい」と述べた。

岸田新首相から「閣僚全員が復興相であり、東北の復興なくしてわが国の再生なし。しっかりと国民の声に寄り添い、頑張るように」と指示を受けたことも明らかにした。

西銘氏は早急に東北の被災地へ訪問するとともに、担当する沖縄県知事らとの面会も実現したいとの考えを示した。