天神ビジネスセンター 天神ビッグバン規制緩和第1号(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

天神ビジネスセンター 天神ビッグバン規制緩和第1号

関係者が集まって催された天神ビジネスセンターの竣工式典(福岡地所提供)
関係者が集まって催された天神ビジネスセンターの竣工式典(福岡地所提供)

福岡地所が福岡市中心部の天神地区で建設していた再開発ビル「天神ビジネスセンター」が完成し、4日、竣工式と内覧会が開かれた。市の再開発促進事業「天神ビッグバン」では同ビルを含めこれまでに43棟が完成しているが、規制緩和の適用を受けたビルとしては第1号となる。

ビルは天神地区を東西に走る明治通りに面し、地上19階、地下2階建て(高さ約89メートル、延べ床面積は約6万1千平方メートル)で、市営地下鉄の天神駅に直結する。最新鋭の免震構造を備えており、新型コロナウイルス禍に対応するため、空調機器やエレベーターなどの仕様を見直し、感染症対策にも万全を期した。

オフィススペースには、通販大手ジャパネットホールディングスが東京から本社機能の一部を移すほか、NECや米ボストンコンサルティンググループなどが入居する。来春には飲食店も開業する。

天神ビッグバンは、国家戦略特区を活用した福岡市のプロジェクトで、天神の中心から半径500メートルにあるビルの高さ制限や容積率などの規制を緩和した。

多くの夢が実現できる福岡に

「(再開発事業用地となった)西日本ビルなどの取得から新ビルの完成までに13年かかった。都心部での再開発は難しい課題だったが、(福岡市の)天神ビッグバンという規制緩和で強力に風穴をあけていただいた」

4日、天神ビジネスセンターを開発した福岡地所の榎本一郎社長は、あいさつでこう強調した。

 「天神ビッグバン」による規制緩和1号として完成した天神ビジネスセンター
「天神ビッグバン」による規制緩和1号として完成した天神ビジネスセンター

福岡空港が間近にある福岡都市圏では、航空法に基づき建築物の高さが厳しく制限されていたことから、老朽化したオフィスビルなどの再開発を検討する際、大幅な増床が見込めず、民間の投資意欲がしぼみがちだった。新陳代謝が進む国内外の先端都市にオフィス環境などで後塵(こうじん)を拝し続けた結果、「支店経済」から抜け出せずにいた。