米国務省、中国の台湾挑発に強い懸念 - 産経ニュース

メインコンテンツ

米国務省、中国の台湾挑発に強い懸念

プライス米国務省報道官(AP)
プライス米国務省報道官(AP)

【ワシントン=大内清】米国務省のプライス報道官は3日、中国軍による台湾周辺での連日の挑発行動について、「地域の平和と安定性を損ない、計算違いが起きるリスクを高めるもの」だとして強い懸念を表明する談話を発表した。

プライス氏は中国政府に対し、「台湾への軍事的、外交的、経済的な威圧をやめるよう求める」と強調。「台湾が十分な自衛能力を維持できるよう支援を継続する」とも述べた。