伝説のバイク! ホンダNRの凄みとは…(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

伝説のバイク! ホンダNRの凄みとは…

1992年に登場したホンダのロードスポーツバイク「NR」を田中誠司が振り返る!

520万円のNR

古今東西、世界でさまざまな超高性能車、超高額車が生み出されてきたが、本当にそのモデルにしか備わらない唯一の独自技術をもつ市販車というのは、実はそう多くない。

1991の年東京モーターショーでデビューを飾ったホンダ「NR」は数少ない例外のひとつで、750ccクラスのこのバイクには「オーバル(楕円)ピストン」が搭載されていた。

ご存知のとおり普通の内燃機関のピストンは正円形である。混合気でシリンダーを満たし真ん中に火花を散らせば燃焼により周囲に均等に力がくわわる。シンプルだ。しかしこれをあえて楕円(正規楕円包絡線)とすることで、それまでの常識を超えるエンジン・パフォーマンスを実現できるのだ。

ホンダは世界唯一のオーバルピストンエンジンをコアに、あらゆる部分で最新・最高峰の技術をNRに投入、結果として価格は国内仕様が520万円、海外向けが約800万円という、当時としては超・異例の高価格となった。

このころ、日本ではウィンカーなどの保安部品を外せばそのまま本格的なレースに出られるような高性能レーサーレプリカが60〜80万円で販売されており、それらと比較するとNRは飛躍的に高額なように思われた。しかし、それはホンダの歴史的なコダワリをすべて凝縮した結果だったのである。

革新的な技術で挑むも結果は……

1960年代初頭の二輪世界グランプリを席巻したホンダは、4輪車の量産開発に専念するとして1967年限りでワークス活動を停止する。彼らがふたたびチャンピオンシップのトップカテゴリーである500ccクラスに戻ってきたのは暦がひとまわりした1979年。当時のグランプリは2ストロークエンジンに席巻されていたが、ホンダはあえて4ストロークでの参戦を宣言、同時に持ち込まれたのが楕円(当初は長円形)ピストン技術であった。

2ストロークはピストンが1往復するごとに燃料を燃焼させる方式で、構造が簡単で軽く、小さな排気量でもパワーを出しやすい。しかしエンジンオイルが燃料と一緒に燃えて排出されたり、燃料自体がシリンダーを通り抜けてしまったりすることが避けられないため、燃費や環境対策で問題が指摘されていた。

このため乗用車の世界では過去の技術となっていた2ストロークであるが、世界GPでは前述した利点を活かしてむしろ1970年代中盤から主流となっており、当時のルールでは4ストロークも同じ排気量・気筒数で競わなければならなかった。2ストローク500ccマシーンに4ストローク500ccで対抗するには、最高回転数2万rpmに到達する必要があった。