台湾防空識別圏に中国軍39機 2日連続で過去最多を更新 - 産経ニュース

メインコンテンツ

台湾防空識別圏に中国軍39機 2日連続で過去最多を更新

中国の戦闘機「殲16」(台湾国防部提供・共同)
中国の戦闘機「殲16」(台湾国防部提供・共同)

【台北=矢板明夫】台湾の国防部(国防省に相当)は2日深夜、中国軍機延べ39機が同日、台湾の防空識別圏(ADIZ)に進入したと発表した。中国は前日の1日に過去最多となる38機を進入させたばかりで、2日連続で最多を更新した。台湾空軍は空中で哨戒中の戦闘機を派遣して対応、中国側の意図の分析を急いでいる。

同部が確認した中国軍機の機種は、戦闘機「殲16」26機と「スホイ30」10機、対潜哨戒機「運8」2機、早期警戒管制機「空警500」1機だった。2日の日中に20機、夜間に19機が、中国の福建省と広東省方面から台湾本島南西のADIZに進入したという。台湾の軍事専門家は「以前と比べ戦闘機の数が多く、夜間の進入が増えたことが特徴。偵察よりも、台湾空軍を恫喝(どうかつ)する目的があるように見える」と分析した。台湾の蔡英文政権が9月下旬、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)へ加入申請したことや、日米との連携を強めていることに中国が不満を強め、軍事的圧力を強化していると指摘されている。

台湾当局の統計によると、今年に入りADIZに進入した中国軍機はすでに延べ約600機で、昨年の約380機を上回っている。

台湾空軍は2日深夜、フェイスブックを更新し「地域の平和を破壊する行為は、民衆の反感を買うだけだ」と中国軍の挑発行為を批判した上で「領空を守る決心は揺るがない」と書き込んだ。