笹生16位、畑岡は予選落ち 米女子ゴルフ第2日

第2ラウンド、15番でティーショットを放つ笹生優花。左は同組の畑岡奈紗=シービュー(共同)
第2ラウンド、15番でティーショットを放つ笹生優花。左は同組の畑岡奈紗=シービュー(共同)

米女子ゴルフのショップライト・クラシックは2日、ニュージャージー州ギャロウェーのシービュー・ベイコース(パー71)で第2ラウンドが行われ、11位から出た笹生優花は1イーグル、4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの70で回り、通算5アンダー、137で16位に後退した。首位とは6打差。

横峯さくらも70をマークし、通算2アンダー、140で45位。74と落とした畑岡奈紗は1オーバー、77の野村敏京は4オーバーでともに予選落ちした。

高真栄、朴仁妃(ともに韓国)が11アンダーで首位に並んだ。

笹生優花の話 前半はそんなに悪くなかった。後半に崩してしまったけど、その中でもアンダーで回れて良かった。パットが入ってほしい時に入ってくれるのは本当にありがたい。(共同)