マイクロソフトの2画面スマートフォン「Surface Duo 2」は、初代の“不遇”を教訓に復活を果たせるか(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

マイクロソフトの2画面スマートフォン「Surface Duo 2」は、初代の“不遇”を教訓に復活を果たせるか

マイクロソフトが2画面端末の新モデル「Surface Duo 2」を発表した。OSとしてAndroidを採用し、ふたつの独立した画面を畳めるこのスマートフォン。同社がかたくなに「スマートフォン」とは呼ばなかった初代モデルの不遇を教訓に、新たな装いで成功できるのか。

TEXT BY LAUREN GOODE

WIRED(US)

いまから2年前の10月、マイクロソフトは長い時間かけて完成させた2画面の端末「Surface Duo」を発表した。しかし、誰も買わなかった。

厳密に言えば買った人もいた。それでもSurface Duoはソフトウェアにバグが多く、マイクロソフトがわかりづらい製品分類をしたこともあって成功しなかった。OSとしてAndroidを採用していて電話をかけることもできるのに、マイクロソフトの最高製品責任者(CPO)のパノス・パネイはSurface Duoを「スマートフォン」と呼ぼうとしなかったのである。

パネイはまた、ふたつの画面で複数のアプリケーションを実行できるモバイルデバイスを使えば、トランス状態に入ったように仕事ができるようになると固く信じていた。

だが、マイクロソフトは改良を重ねた。時価総額1兆ドル規模の企業だからこそできることであり、このほど次のバージョンである「Surface Duo 2」が誕生したのである。米国では1カ月後に出荷される予定で、定価はいかにも大型スマートフォンらしい1,499ドル(約16万円)となっている。

また、Surface Duo 2は間違いなくスマートフォンである。今回はマイクロソフトもその事実を認めている。新しいDuoは5Gにも対応しているのだ。

さらにSurface Duo 2は“スマートフォン”ではなかった初代とは異なり、楽しいスマートフォンとしても宣伝されている。初代Duoを披露したとき、パネイは「流れに乗ったまま」と何度も言った。まるで長いメールを書くことが人生のすべてであるかのように、である。

ところが、2020年8月に実際に発売されたときには、Duoの意味合いは変化していた。もはや仕事のためだけのデバイスではなく、在宅勤務用のデバイスになっていたのだ。メールの返信はもちろんできるが、パンのレシピを検索したり、Netflixで映画を観たりすることも同時にできる(もっと画面を見ていたいって? Duoなら、ひとつの端末で2画面ある)。

「スマートフォン」らしく進化

いま、この新しいSurface Duo 2にはスマートフォンらしい機能が搭載されている。最も注目すべきは、背面にカメラモジュールが搭載されたことだ。初代のSurface Duoには自撮り用のフロントカメラしかなく、メインカメラのように使うには本体をひっくり返さなければならなかった。

Surface Duo 2のメインカメラは巨大だが、広角、超広角、望遠という、現代のスマートフォンに求められる3つのカメラが搭載されている。さらに、フロントカメラもわずかに改良されている。

Surface Duo 2で写真を撮るときは片方の画面をファインダーとして使い、もうひとつの画面を撮ったばかりの写真の確認用に利用できる。撮影した写真をすぐに編集したければ、片方の画面をパレットに、もう一方の画面を巨大なパネルにして、明るさ、露出、コントラストを調整できる。スワイプすると、さらに15種類の写真編集設定にアクセスでき、そのすべてが同じページに表示される。

出荷時のOSとしては「Android 11」がプリインストールされる予定で、旧モデルと同様に「Microsoft Office」の主要アプリの一部が分割画面に最適化されている。

とはいえ、メールにもっと時間をかけなければならない人などいるだろうか。むしろ、ゲームで遊ぶために使ってほしい。片方のタッチスクリーンにゲームを表示し、もう一方のタッチスクリーンをコントローラーにするのだ。

発売前のデモでは、マイクロソフトのバイスプレジデントである中年男性が、TikTokがどのようにSurface Duo 2に最適化されているのかを披露ししていた。彼はTikTokの「おすすめ」ページに何が表示されても一切責任を負わないと言ったが、彼にとってもわたしたちにとっても幸いなことに、最初に表示されたのは猫の動画だった。