オリ吉田正が骨折、抹消 2日に右手首に死球

2日のソフトバンク戦で死球を受けたオリックス・吉田正尚=京セラドーム大阪(河田一成撮影)
2日のソフトバンク戦で死球を受けたオリックス・吉田正尚=京セラドーム大阪(河田一成撮影)

2日のソフトバンク戦で右手首付近に投球を受けたオリックスの吉田正尚外野手が3日、出場選手登録を外れた。球団は大阪市の病院で「右尺骨骨折」と診断されたと発表した。

吉田正は左太もも裏を痛めて9月5日に戦列を離れ、9月26日に1軍復帰。離脱中に首位を明け渡したチームは、今月1日に再び首位に立ったばかりだった。今季110試合に出場して打率3割3分9厘、21本塁打、72打点。2年連続の首位打者に向けて打率はリーグトップに立っている。